注意点を把握する|人工芝も活用してもっと園芸を楽しむ|天然と人工の活用法
家

人工芝も活用してもっと園芸を楽しむ|天然と人工の活用法

注意点を把握する

はさみ

庭で草を刈るためには機械を使用します。機械を使用したほうが効率がよく短時間で作業が終わるからです。主に草刈り作業には草刈機を使用します。これはエンジンの動力で草刈り刃を回転させて草刈りを行う機械です。 この機械は先端に刃が装着してありますので、固いものに回転しながら接触するとキックバックと言って体ごと跳ね返される現象が起きてしまいます。この現象が起きると、跳ね返されたはずみで転倒してしまい刃が体に接触したり、周りにいる人たちに刃が接触して思わぬ大けがを負わせてしまうことにもなりかねません。そういった事故を起こさないためにも、作業を行う前には作業をする場所をしっかりと下見を行って、固いものや木の株がないかよく確認を行ってから作業を行ってください。また、砂利の敷き詰め作業もしてくれるところもあります。草刈りをして、その上から砂利を敷きたいという場合に相談してみるのも良いかもしれません。

庭以外にも大規模なところでの草刈りはどうやって行っているのでしょうか、たとえば一級河川の堤防など相当の大規模面積の場所の草刈りは、草刈機だけではできません。そのため堤防などの大面積でこの作業を行う場合大型のリモコン式の大型草刈り機を使って作業をすることになります。この機械は無人でラジコン操作により動くことになっていますから、堤防などの斜めに切り立ったところでも無人で作業をおし進めていくことができます。無人操作のためけがをする頻度も少なくなっています。 また大面積の除草にはヤギなどの草を食べてくれる動物を、その場所で飼育することによって除草効果を上げるという実験も行われています。このヤギの放牧などは自然環境に大変やさしく、注目の的になっています。